2009年12月17日

卓球ラバーのは赤と黒があります。

卓球の公式ルール上では、フォア面(前面)とバック面(裏面)は違う色を選ばなくてはなりません。
つまりどちらかを赤色(レッド)にして、もう一方を黒色(ブラック)にしなければいけません。

昔は卓球ラバーの色は、赤赤でも黒黒でもよかったのですが、アンチラバー(回転がかからない)が出現してからは、
ラケットをくるりと反転させて、回転量の差で相手を惑わす戦法がでてきたので、同色は禁止にされました。

フォアとバックのが同じでは、裏ソフトラバーかアンチラバーか見分けがつかず、
卓球技術の上手い下手が勝敗にあまり関係なくなってしまうためです。

こういった考え方により最近では、アンチラバーのように極端な回転量の差をつける粒高ラバーは、
高さ制限を設けられたり、禁止の方向になりつつあります。


卓球ラケット激安中古販売
激安中古ラケットが4割引や半額以下など。買取りも。
新品ラバーが3割引以上の品も。テナジー最安値。
http://takra.seesaa.net/
posted by 卓球ラバー at 06:57 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。