2009年10月17日

沈むドライブ

沈むドライブとは、その名の通りボールがバウンド後に沈んでいくドライブの事です。

回転量が豊富なのでバウンドしてからの軌道(弾道)が低くなり、相手のミスが出やすいです。
卓球技術の中でも、得点力があるドライブです。

打ち方はボールにラケットを当てるのではなく、ボールの表面を非常に薄く擦り打ちして回転量を上げて打ちます。

沈むドライブは、粘着ラバーで打ちやすいドライブです。
というのも、ボールの表面を擦っている時に粘着成分がボールをグリップするからです。
ラバーの表面でボールがスリップするような感覚になる事もあります。

藍鯨2や他の粘着テンションラバーは回転量がそれほど無いので弾道が沈みませんが、天極NEO3やキョウヒョウNEO3は沈むドライブがとても打ちやすかったです。
この猛烈なスピンの沈むドライブは、返球が難しいです。
王皓・馬琳・馬龍・張継科・許シン・王励勤などトップ中国選手がNEOを使用する理由の一つかもしれません。

沈むドライブは、ラケットをねかせてボールの表面を薄くとらえてこすり打ちします。
回転量を多くするため、体全体を使っての素早いスイングスピードが必要です。

硬いハードなラケットより、スピンをかけやすい球持ちがいいラケットやしなるラケットの方が回転量が上がり沈むドライブを打ちやすくなります。

キョウヒョウ皓、オフェンシブCR、オフェンシブウッドNCT、クリッパーウッド、ルデアック、インナーフォースZLFは回転がかけやすく、スピン量が豊富な沈むドライブが打ちやすかったです。
このサイトに各ラケットの特徴の説明が詳しくあります。
卓球中古ラケット激安卓球屋K
http://takra.web.fc2.com/
 


卓球ラケット激安中古販売
激安中古ラケットが4割引や半額以下など。買取りも。
新品ラバーが3割引以上の品も。テナジー最安値。
http://takra.seesaa.net/
posted by 卓球ラバー at 03:48 | 沈むドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。